本文へスキップ






失われつつある自然の風景の中で四国の四季の風景や滝を発信しています。

ギャラリー

ミノルタα-7700i

ミノルタα-707si

 

ミノルタα-7

 

ペンタックス645NU

ソニーα100

ソニーα900

ソニーα7R

ソニーα77U

カメラ歴お知らせ

ミノルタα-7700i
1989年6月購入。初めて購入したものの、その頃はテニスにはまっていたため写真を撮るのは、旅行に出かけた時くらいでした。
ミノルタα-707si
1997年購入。ホームページを立ち上げたのが1996年12月。更新の為四国中の季節の花のある風景や滝の写真を撮り始める。
ミノルタα-7
2000年12月購入。α707Siは中古機を購入したが、どうも描写力に納得がいかず購入。操作性も良く今までのミノルタのカメラがワンランクアップしたような感じがした。一番よく撮ったかもしれない。
ペンタックス645NU
2003年3月購入。中判カメラを始める。写真展で645や67で撮った写真をみるとどうしても35ミリカメラの限界を感じてしまう。さすがのカメラ、腕が上がった感じがする。
ソニーα100
2006年購入。ソニーがミノルタ(当時は、コニカ・ミノルタに社名変更)の技術を継承・発展させた一眼デジタルカメラを発売したということで購入。
ソニーα900
2009年12月購入。2,460万画素・OVF・フルサイズセンサー搭載。フィルムカメラと遜色ない操作性・電池の寿命でデジカメもここまで来たかと納得。しかし、色合いに納得がいかない。
   
ソニーα7R
2014年1月購入。ミラーレス・フルサイズCMOSセンサー搭載、3640万画素「誰も作らなかったカメラ。」のキャッチフレーズ。これまでのカメラと操作性の違いに戸惑う。電池の消耗が激しい。
   
ソニーα77U
2015年12月購入。APS-C・2430万画素・EVF。α900の後継機として購入。12コマ/秒、79点合焦と高速連写が可能ということで、望遠用として使用する。α7Rは広角系風景写真用として使用予定。

プロフィールお知らせ

ハンドル名
青の旅人(尾崎 裕)香川県写真家協会会員
居住地
香川県高松市
誕生年
1956年

inserted by FC2 system